doda (インテリジェンス) で受けた面談の感想・評判

【体験談】doda (パーソルキャリア、旧インテリジェンス) の面談に行ってきました!

doda (運営元:パーソルキャリア、旧インテリジェンス) は最低1つの分野である程度しっかりした経歴を持つ人は、かなり高待遇 (高年収+休日多い) な転職を行えると大評判の転職エージェントです!

 

偶然にもにーちゃん (サイト管理人) は得意分野を1つ持ってるので (フリーランスのIT)、何か良さげな求人を紹介してもらえないかと思い、実際にdodaの面談に行ってきました。

 

ここからはにーちゃんのdoda体験記となっているので、そこで転職支援を受けるか迷ってる人はぜひ参考にしてください。

 

【⇒ dodaの公式サイトへ】

 

 

 

登録・面談前の準備

まずは公式サイトに移動し、転職支援に申込むために必要事項 (現在の経歴/ プロフィール等) を入力していきます。

 

入力が完了すると"doda会員登録完了のお知らせ"が、登録メールアドレス宛に届きます。

 

 

 

と同時に、"スカウトサービスの申込受付完了のお知らせ"のメールも届きます。

 

 

スカウトサービスとは、doda申込 (登録) 時の経歴を見たdoda掲載企業からの求人オファーを受け取れるサービスのことです。

 

求人オファーを受け取ると、dodaを介さず直接企業に応募や面談日時の調整などを行えるようになるので、転職活動の幅をより広げられます。

 

(スカウトサービスが不要な場合は停止もできます)

 

 

やや話が脱線しましたが、登録が完了してしばらくすると、dodaスタッフから電話インタビューを行う日時を決める電話 (0120から始まる番号) がかかってきます。

 

(にーちゃんの場合は、登録から4時間後ぐらいにかかってきました)

 

 

電話インタビューとは、今現在の就労状況や具体的な転職時期、転職を希望する業種・職種・勤務地などの条件の、電話での聞き取りのことです。(10〜20分程度)

 

電話インタビューの希望日時をスタッフに伝え、日時が決定すると、"電話インタビュー予約確定の連絡"が届きます。

 

 

ちなみに電話インタビューの実施までに、職務経歴書の作成と提出 (アップロード) が求められます。

 

(経歴書のアップロードは、doda会員専用ページから行えます)

 

基本的にインタビューは経歴書の内容を元に行われるので、その実施までになるべく経歴書を送るようにしましょう!

 

電話インタビュー時、希望すれば対面での面談を受けれます!

にーちゃんは登録翌日に電話インタビューを済ませました。

 

しかし電話よりも対面での面談 (来社) の方が、こちらの希望やスキルをより正確に伝えられると考えたので、dodaオフィスにて転職支援の面談(詳しくは面談の様子↓に記載)を受けることしました!

 

(電話だとせいぜい20分ですが、オフィス来社だと1時間30分ほど時間を取ってもらえます)

 

 

ただしdodaはCA (キャリア・アドバイザー) の数の関係上、時期によっては来社を断られる場合があります。

 

もちろん経歴が優れてる人は時期によらず優先的に来社させてもらえると思いますが、低スぺック気味なにーちゃんでも少しお願いすると「来社OK!」の返事を貰えました。

 

なので来社OKか否かの判断基準の大半は、経歴の良し悪しではなく、単に自分の登録時期にCAの空きがあるかどうかという運の問題になってくると思います!

 

 

ちなみに来社に必要な持ち物は「顔写真」と「経歴書」だけなので、既にアップロード済の場合は特に何もいりません!

 

「履歴書は?」と一瞬思いそうですが、登録時の情報が履歴書の役割をするので、わざわざ作る必要はないのです!嬉

 

 

他の転職エージェントだと顔写真・経歴書・履歴書の3つを要求 (アップロードまたは持参) されるので、それを考えると顔写真と経歴書の2つで済むdodaは面談前の負担がかなり少ないと言えます!

 

 

一方、面談は電話だけで十分でさっさと転職活動に励みたい人は、インタビュー後に送られてくる求人に随時応募していき、書類選考を通過次第、転職面接を受けていくことになります。

 

電話インタビューが終わってから、来社面談までの転職支援

インタビュー終了後、dodaスカウトサービスや面談担当のCAから多数の求人メールが届きます。

 

もちろんすべてのメールを見る必要はないですが、CAからのメールはできるだけ目を通しておきましょう!

 

 

なぜならCAメールは、電話インタビュー時にこちらが伝えた希望を満たす求人が特に多いからです。

 

(スカウトサービスのメールは、マッチング精度がCAメールよりもやや低いという印象です)

 

【⇒ dodaの公式サイトへ】

 

面談当日

にーちゃんはJR大阪駅隣接のオフィス (グランフロント大阪タワーB 17F) で面談を受けました。(面談は私服OKです)

 

(大阪オフィス以外の人は、面談の様子↓に進みましょう)

 

まず大阪駅の中央改札を出て、すぐ左に曲がります。(下の写真は改札の外から撮ったので、画像的には右方向)

 

 

左に曲がるとすぐにエスカレーターが見えるので、それを上ります。

 

 

上った正面にグランフロント大阪のビルが立っています。

 

 

 

ビルをまっすぐ進んでいくと、改札から徒歩4〜5分で左手にsams nite (スーツケース屋) を発見でき、その正面にエレベーターがあるのでひとまず9Fまで上ります。

 

 

 

9Fに着くと、次は17Fに上ります。

 

(9Fのエレベーター正面の案内で、"株式会社インテリジェンス 受付 17F"という表記を確認できます)

 

 

 

インテリジェンスのオフィス (17F) に着くと、受付スタッフに面談時間と氏名を伝え、面談ルームに案内してもらいます。

 

 

 

面談ルームは三畳ほどの広さで、机とパソコンと椅子2つ (と写ってませんが、横に服掛け) があるという造りになっています。

 

作りは簡素ですが、居心地は快適でした。

 

 

面談の様子

面談ルームで待つこと約5分、にーちゃん担当のCA (女性) がルームにやってきたので、軽く挨拶を交わし、名刺を受け取り、面談が始まりました。

 

といってもいきなり転職の話ではなく、「来社にどれぐらい時間がかかったか?」とか「学生時代の過ごし方は?」とか、「休日は何をしてるのか?」など、最初の15分ぐらいは雑談の話でした。

 

 

人によっては「さっさと転職の話に移ろうよ!」と感じるでしょうが、この雑談により緊張がほぐれ、転職関連のことでCAに何でも聞ける良い雰囲気になりました。

 

そして雰囲気が良くなったところで、本格的な転職支援の話に移りました。

 

支援の主な内容は (既に提出済の) 経歴書の内容の確認・アドバイスと、CAが直接送る求人メールのマッチング精度の確認についてでした。

 

 

まず経歴書の内容の確認とは、その経歴書に対してのCAのヒアリングのことです。

 

例えばにーちゃんはフリーランスのIT業のことを経歴書に詳しく書いたんですが、IT業開始前の半年ほどの期間が空白になっていました。

 

しかしその空白期間の存在をCAに指摘され、にーちゃんが記憶を辿った結果、「この半年間はIT業の自宅学習をしていた!」という結論に落ち着きました。

 

もしこの経歴書を企業に提出していれば、面接時に空白期間を突っ込まれることは確実なので、この第三者 (CA) による経歴書チェックの時点で来社のメリットを感じました!

 

 

また、にーちゃんはアクセス解析が結構得意だということをCAに伝えました。

 

するとCAから「アクセス解析の目的・行動・実績をより具体的に書けば、書類選考や面接で有利になる!」というアドバイスを受けました。

 

たしかにアクセス解析のことは経歴書で軽く触れてただけなので、このアドバイスはにーちゃんも大納得でした。

 

やはりCAは職業柄、転職成功や書類審査落ちする経歴書を多数見ていることもあり、経歴書作成に対するアドバイスは転職本やネットのものよりも遥かに説得力を感じました!

 

 

また、にーちゃんは転職に関し不安を1つ持っていたので、それついて聞いてみました。

 

その不安とは、にーちゃんのIT業は会社での実務経験が伴っていないため (←フリーランスだから)、転職可能なIT系企業は最悪の場合、ゼロなのではないのか?ということです。

 

実際、CAが送ってきた求人の大半は、にーちゃんの希望は一通り満たしてましたが、逆に応募資格がにーちゃんのスキルをやや上回っていたのです。

 

 

しかしこの不安をCAに伝えると、

 

「応募時に推薦状を企業に提出しておくので、多少オーバースキルな求人でも特に気にせずガンガン応募していけばいい!」

 

「仮に書類選考や面接で落ちまくっても、その落選に対し企業からフィードバックをもらえるので、評価部分は次回以降の選考・面談に活かし、減点部分はその都度改善していけばいい!」

 

というアドバイスをもらいました。

 

このような感じで、転職成功につながりそうな、あるいは転職関連の不安を解消する具体的な助言をたくさんCAから聞けました。

 

 

そして最後は求人メールのマッチング精度の確認についてでした。

 

「私 (CA) の紹介求人は○○さん (にーちゃんの名前) の希望に沿ってますか?」と聞かれましたが、にーちゃんは即答で「ほとんど希望通りです!」と答えました。笑

 

こうして面談の最後にCAから高マッチングな求人を約70ほど受け取り、約1時間30分にわたる面談が終了しました。

 

面談後の転職支援について

面談後のCAとのやり取りは、メールまたは電話となります。

 

ちなみににーちゃん担当のCAは、「転職で何か不安なことや疑問点が出てきたら、気軽に電話して下さい!」との暖かい言葉をかけてくれました。

 

また、面談で経歴書の修正アドバイスを受けた場合は、自宅で速やかにその修正作業を (doda会員専用ページから) 行います。

 

 

そして修正が終わると、興味のある求人にガンガン応募していきます。

 

応募はdoda会員専用ページから簡単に行えますし、応募後は書類選考の結果が分かるまで特段すべきことはありません。

 

(少しでも早く転職活動が終わるよう、面談後は積極的に興味ある求人に応募しましょう)

 

doda (パーソルキャリア、旧インテリジェンス) のまとめ

雑談から始まった面談ですが、転職の悩み解決に直結するアドバイス高マッチングな求人の多さの2つが最も印象に残りました。

 

IT系で実務経験のないにーちゃんにさえ、IT系の求人を70ぐらい紹介してもらえました。

 

 

また推薦状により書類選考が多少通りやすくなるという話を聞けたので、「実務未経験者でもIT系に転職可能か?」という、転職への不安感は少し払拭されました!

 

さらに後日に転職のことで何か不安・疑問などが出てきた場合でも、CA直通の番号に電話していいとの言葉をもらえたので、かなりありがたかったです。

 

 

このようにdodaは転職が難航しそうな人でも徹底的に支援してもらえますし、惜しみなく求人を紹介してもらえるです!

 

なのでdodaに少しでも興味があれば、経歴に関係なく面談を受けるのがベストだとにーちゃんは断言します!

 

(面談は札幌/ 仙台/ 東京 (丸の内、浅草橋)/ 横浜/ 名古屋/ 大阪/ 京都/ 神戸/ 広島/ 福岡で受けれます)

 

【⇒ dodaの公式サイトへ】

スポンサーリンク


ページトップに戻る↑