転職エージェントを徹底的に比較したサイトです!

「高キャリア=年収アップは当然」ではない!

十分な実績・キャリアを積み、満を持して転職活動に励むも予想外に年収が上がらず、転職活動が長期化することはザラにあります。

 

例えば「自分はこの分野で10年のキャリアがあるから、次の会社では年収150万円増は狙えるだろう!」と思い、転職エージェントに応募先企業と年収交渉をしてもらった結果、わずか50万円増に留まったので応募は取りやめ、以降も転職活動が続いていく・・というイメージです。

 

そして希望年収をオファーしてくれ会社が見つからない状態が続くと、「なぜこれだけのキャリアがある自分が転職活動でこんなに苦戦するのだろうか?」と激しいフラストレーションを感じたりすると思います。

 

 

しかし個人でビジネスを営んでる転職にーちゃんからすると、"高キャリアがある=希望年収が通って当たり前"という発想自体が間違ってると思うので、望みの年収を勝ち取れないことでフラストレーションを感じるのは筋違いだとの認識を持っています。

 

スポンサーリンク

 

報酬は、会社の利益増額に貢献してこそ貰える!

年収というかそもそも報酬は、転職希望者のこれまでのキャリアにではなく、会社に対するその人の貢献度に対し支払われるものです。

 

なので、たとえ現職や過去の会社での実績が優れていたからといって、それだけで高待遇を望むのは順序が逆で、転職先の会社で結果を出してから高待遇を求めるべきです。

 

特に転職エージェント経由で社員1人を採用するとなると、会社は余分なコスト (エージェントへの紹介料) を負担することになるので、最初から高額の年収を支払うことにどうしても億劫になってしまうのです。

 

 

逆に入社後の働きぶりが優秀で、同僚や上司からの評価も高い場合には、堂々と年収アップを要求していきましょう!

 

もし会社に対するあなたの貢献が本物であるなら、評価制度のしっかりしてる会社だと素直に年収アップに応じてくれると思います。

 

年収アップの基本はインセンティブだと思え!

しかし日本の企業は完全実力主義の外資系とは違い、いまだに年功序列が幅を効かせているので、どんなに結果を残しても年収の増額にあまり跳ね返ってこないケースも多いと思います。

 

なので入社前に「結果を出せばインセンティブ (出来高) は貰えるのか?」という確認は絶対に必要です。

 

 

そしてもしインセンティブが貰えるようであり、かつ入社時の年収が現状と同程度であるなら、速やかにその会社に転職するのが良いとにーちゃんは考えます。

 

もちろん入社1年目は希望年収を下回りますが、希望と現実の金額のギャップはインセンティブの獲得で埋まりますし、実力次第では超えてもいけるので万々歳だと思います!

 

スポンサーリンク


ページトップに戻る↑