転職エージェントを徹底的に比較したサイトです!

転職エージェントの選び方

転職エージェントについての基礎知識が一通り揃うと、次は具体的にエージェントを選んでいくことになります。

 

ちなみに基礎知識とは、転職エージェントを利用するメリットデメリット求人サイトとの違い、さらには求人の種類 (公開・非公開)、エージェントからの登録拒否といった内容のことです。

 

このページではエージェントの選び方にフォーカスしているのですが、上記の知識が抜けてる場合は先に該当箇所を一読し、基礎知識を定着させることを優先してほしいです。

 

そして知識をある程度網羅できたら、引き続き当ページを読んでいってほしいです。

 

スポンサーリンク

 

転職エージェントは総合型と専門型の2タイプに大別できる!

厳密に線引きできるわけではないですが、転職エージェントは総合型と専門型のどちらかににほぼ区別が可能です。

 

リクルートエージェントやDODAに代表される総合型は多数業界の求人を扱っているので、その分求人数は多くなる傾向があります。

 

一方、マイナビエージェントITやレバテックキャリア等で有名な専門型は1つないし少数のジャンルに特化しているので、そのジャンルのスペシャリストの人にマッチする求人が多いのが特徴です。

 

つまり総合型は転職希望者全般を対象としてるのに対し、特化型は特定の専門スキルを有する人に注力してると言えます。

 

 

なので当然、転職支援を担当するCA (キャリア・アドバイザー) の中身は、総合型か専門型かでまったく違ってきます!

 

まず総合型エージェントのCAですが、このCAは手持ちの求人数は豊富なので、転職希望者の意向と能力にマッチした求人はそれなりに出してくれます。

 

しかしCA自身がその求人の業界出身者でないケースの方が多いので、IT系のような専門性の高い分野の支援となると、CAは転職希望者の意向をうまく理解できず、その人のスキルとは少しズレた求人ばかりを紹介してしまうおそれがあります。

 

かたや専門型エージェントのCAは、そのエージェントが特化してる分野の出身者であることがしばしばなので、紹介求人のズレは比較的に起こりにくいのです!

 

総合型で大まかに求人を把握し、専門型で具体的に搾る!

転職エージェントのタイプやその所属CAの特徴は分かったと思うので、ここからは具体的なエージェントの選び方について書いていきます。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

まず自分の得意業種が何であれ、一旦は大手の総合型エージェントを利用します。

 

なぜなら大手総合型だと業種を問わず相当数の求人があるので、自分の職能を最も生かせつつ、それなりに高収入の求人が見つかる可能性が高いからです!

 

そしてそのエージェントで自分に合う好求人の有無を確認でき次第、次の行動に移ります。

 

と言っても、転職先業界により次の行動は異なります。

 

 

まず事務や営業等の一般職に転職する場合は、大手総合型エージェントにあと2社ぐらい登録し、計3社前後で求人を探し、その中で最も気に入った求人から順に応募していく形をとります。

 

『大手総合型エージェントの例』

  • リクルートエージェント
  • type
  • マイナビエージェント
  • DODA
  • パソナキャリア
  • WORKPORT
  • ヒューマンタッチ
  • JACリクルートメント

 

1社だけだと自分にとっての好求人発掘の機会損失になるおそれがありますし、5社超となると情報過多に陥りそうなので、にーちゃん的には3社ぐらいがちょうど良いバランスだと思います!

 

 

一方、専門職での転職を考えてる場合は、大手総合型1社でその業界の求人を一応確認しつつ (←求人数自体が多いから)、その業界に特化したエージェント中心で求人を探します。

 

先ほど書いたように、専門型エージェントのCAは自社がフォーカスしてる業界に精通してる可能性が高いので、転職希望者の専門スキルと求人スキルのマッチング力の高さが期待できるからです!

 

 

ちなみに期待できるとは、例えばインターネット全般の知識が豊富なCAが、WEBデザイナーの求職者にヒアリングを行なった結果、その求職者はSEO (WEBサイトを上位表示させる手法) も得意だと判明したとします。

 

するとそのCAは、その求職者にWEBデザイナー職だけでなく、SEOコンサルティング職の提案も可能となります。

 

そしてこの提案は総合型エージェントのCAでは、おそらく知識不足のため真似できない領域の転職サポートだと思います。

 

 

それに転職市場で近年特に需要が高いIT系の業務だと、求人を出す側がITに特化してるエージェント (例えばマイナビエージェントIT、レバテックキャリア、パソナテック) にだけ人材打診を行なうケースも見られるので、ITを売りにしてる人は尚更、専門型のエージェントを利用すべきなのです!

 

【⇒ にーちゃんおすすめの総合型エージェントはコチラ】

 

【⇒ にーちゃんおすすめの専門型エージェントはコチラ】

 

スポンサーリンク


ページトップに戻る↑