ヒューマンタッチの求人数や得意業界などを徹底分析!

ヒューマンタッチの詳細

求人数 (約1万3千件) と拠点数 (東京新宿/ 横浜市/ 大阪市の3ヶ所) は多くないですが、利用者の経歴・スキルを存分に生かせる求人を的確に出してくれるのが特徴的です。

 

転職にーちゃんは多数のエージェントで面談を受けた経験がありますが、自分のスキル・希望に最も近い求人を得られるという視点でみると、ヒューマンタッチは他エージェントを圧倒していると思います!

 

 

また、当エージェントは支援期間が無期限なので、次回以降の転職時にも無料で求人紹介/ 応募・面接などの事務作業サービスを受けられます。

 

多くのエージェントは支援期間を有期 (3ヶ月とか) にしているので、期間無制限のヒューマンタッチは長期的にも使っていけます!

 

おすすめ度 公開求人数 非公開求人数 得意業界 雇用形態 拠点数
80% 合計1万3千件 建築・土木・不動産・機械電気・メディカル・メーカー 正社員・契約社員 3

 

【⇒ ヒューマンタッチの公式サイトへ】

 

実際に面談に行ってきました!

大阪心斎橋のオフィスで転職支援の面談を受けてみました。

 

面談を受けて感じたのは、ヒューマンタッチのCA (キャリア・アドバイザー) はとにかくスキル目利きに優れ、しかも求人マッチング力が高いということです。

 

"スキル目利き"とは、実は企業面接時に強力なアピール材料となるのに、利用者自身は気付いていないスキルを、面談時にCAが見つけ出せる能力のことで、"求人マッチング力"とは、面談時のヒアリング内容により近い求人を、CAが選び出す能力のことです。

 

 

にーちゃんが当エージェントのCAにスキル目利きの高さを感じたのは、「IT系よりもライター業に応募する方が良いのではないか?」というアドバイスを貰ったときです。

 

にーちゃんはIT系志望なんですが、プログラム的なものよりも文章を書くことの方が多いので、ライター業の提案はまったく理に適ったものであり、しかも超新鮮な感じがしました!

 

このような提案を他エージェントのCAから受けたことは今まで1度もなかったので、「ヒューマンタッチのCA=スキル目利きが上手!」という印象をにーちゃんは持ったのです。

 

 

それと紹介頂いたライター業の業務内容に、求人マッチング力の高さを感じました。

 

ライター系の求人を紹介してもらう際、"ITが2割程度交じったライター業"というかなりアバウトな要求を出したことろ、ほぼ要求を満たす求人を得られました!

 

しかも弱小企業ではなく、"ス"や"D"から始まるゲーム関連の超大手を含む、地盤のしっかりした企業の求人の方が多かったです。

 

 

ヒューマンタッチの面談を通じ感じたのは、転職エージェントを選ぶ際は、求人数よりもCAのヒアリング力に重きを置くべき!ということです。

 

どんなに良い求人がデータベースに多数眠ってようとも、実際に利用者に提供するしないを判断するのはCAなので、肝心のCAが力不足だとそもそも面談に行く意味はないのです!

 

なのでCAの能力 (スキル目利き+マッチング力) を重視する人は、オフィス (東京新宿/ 横浜市/ 大阪市) に少々遠くても、ヒューマンタッチを積極利用してほしいです!

 

【⇒ ヒューマンタッチの公式サイトへ】

 

 

ちなみに登録・面談などの詳細についてはヒューマンタッチの面談に行ってきました!でレポートしてあります。

スポンサーリンク


ページトップに戻る↑