転職エージェントを徹底的に比較したサイトです!

転職後もCAと繋がりを持つ!

自分の努力やCAの協力などにより転職が無事完了した後は、転職エージェント利用者の大半はCAと連絡を取り合うのを止めてしまいます。

 

もちろんエージェント利用の最大の目的は"転職の成功"なので、この目的が達成されればCAと特段連絡を取り合う理由はなくなります。

 

 

ですが転職にーちゃん的には、人間性とサポートの質に優れた人物が自分の担当CAであった場合は、転職成功後もマメに連絡を取り合う関係を維持しておくのが望ましいと思います!

 

なぜなら転職が一般化しつつある昨今なので、今後の再転職の可能性を考えると、必要なときにいつでも優秀なCAとコンタクトと取れるのは転職市場では明らかなアドバンテージだからです。

 

それに自分の知り合いや親戚などから就職・転職の相談を受けた際、そのCAを紹介することもできるからです。

 

 

優秀なCAほどビジネス関係 (CAと利用者の関係) 終了後も元利用者のことを気にかけ、連絡をくれるので、もしサポートの正式終了後でも連絡が来るようであれば、(無視しないで) そのCAと関係を継続しておくのがベターです。

 

完全にCAの善意からくる行動なので、メールで自分の近況や転職先での様子などを伝えると、引き続きCA視点の有益なアドバイスを聞けると思います。

 

CAの一般的認知度はまだ低いのが現状ですが、信頼できるCAの存在って要は信頼できる医者と立ち位置は同じだとにーちゃんは思っています。

 

 

例えば重病を患ったときは誰でも医者に行きますが、気軽に雑談を交えられる医者を知り合いに持つ人はあまり多くいません。

 

それとまったく同じで、転職したいときに転職エージェントのCAにお世話になる人はたくさんいても、気軽に連絡を取れるCAを知り合いに持つ人もほぼいなのです。

 

 

一方、相談という形で転職先での内部事情を話せる範囲でCAに教えてあげると、自分に対するCAの好感度が上昇し、それが後々の再転職で生きてくることがあります。

 

CAは日頃から採用担当者と密に面談を重ねているので、その会社で求められる人材についてはかなり把握していますが、内部事情については案外分かっていないものです。

 

 

しかし実際にその会社で働いてる元利用者から、「○○の部署は同僚同士の仲が良い」とか「○○の部署だけサービス残業が多い」などのリアルな情報を貰えることは、CAにとっては嬉しい限りです!

 

そして、リアル情報をくれた元利用者が再転職のために再び活動する際、CAはお礼とばかりに転職関連のちょっとした裏情報を教えたくなる心情になりやすいのです。

 

この"お返し"の心情は別にCAだけでなく、人が介在するシーンではよく見られることなので、やはり人と人との縁は大切にしてほしいです。

 

『エージェント徹底活用』

スポンサーリンク


ページトップに戻る↑