転職エージェントを徹底的に比較したサイトです!

企業クチコミサイトで企業の評判を確認にしよう!

就職・転職活動で気になることの1つに、求人に記載されてる情報 (労働環境・評判など) が本当に正しいのか?ということが挙げられます。

 

求人自体は転職サイトや企業HPなどでいくらでも見れますが、その求人情報を作成する側は当然、求人企業なので、(実態はどうであれ) 少なくとも自社への応募意欲を削ぐようなことはまず書かれません。

 

なので求人企業が発信してる評判を鵜呑みにした結果、「実はブラック企業でした、、泣」なんてことも十分に起こりえるのです!

 

 

しかし企業クチコミサイトを活用すると、そのような悲劇をかなり減らせると転職にーちゃんは思っています。

 

なぜなら企業クチコミサイトの情報の大部分は、その企業の現職社員や元社員により執筆されているので、各企業の実情が反映されてる確率が転職サイトや企業HPよりも遥かに高いからです!

 

スポンサーリンク

 

ぜひ活用してほしい企業クチコミサイト

就職・転職活動時に役立つ企業クチコミサイトを2つ紹介しておきます。

 

■キャリコネ

 

投稿には会員登録 (無料) と130文字以上の内容 (コピペ厳禁) を入力する必要があります。

 

"登録+130文字以上"はかなりの手間を要するので、サクラの書き込みはほぼないという評価を得ています。

 

また、企業の真の姿を会員に伝えるために、投稿内容が不正確だと証明されない限りは、企業からの投稿削除依頼には対応しないスタンスを貫いてる点も、にーちゃん的にはナイスです!

 

 

そしてキャリコネに寄せられた投稿は、クチコミ・評判/ 年収・給与明細/ 転職面談/ 残業・休日出勤などに分類されています。

 

 

情報ごとに分類されているのは良いですが、単に投稿を閲覧するのにも会員登録は必要となります。

 

登録しなくても一部の投稿は見れますが、登録しないと大部分が閲覧できないようになっています。

 

 

 

■転職会議

 

投稿には会員登録 (無料) と150文字以上の内容を書く手間を要するので、キャリコネ同様に信頼性は高いです。

 

もちろん内容によっては企業が削除依頼を出すこともありますが、転職会議は運営の中立性を保つために、内容の違法性・根拠を依頼企業が示さなければ削除には応じない姿勢を採用しています。

 

(ちなみに投稿者本人は、内容の差し替えという方法で削除が可能です)

 

 

 

そのため、全投稿の99.8%が現在も掲載中であり、しかも残り0.2%のうち0.15%は本人削除が締めるので、企業による削除はわずか0.05%しかありません。

 

投稿・削除のルールがこれだけ厳しいので、クチコミの信頼性は高いと言えるのです!

 

また、投稿は総合/ 評判/ 年収/ 面接/ 評点の5つに分かりやすく分類されてますが、(キャリコネ同様に) 会員登録しないと大部分が見れないようになっています。

 

 

 

応募しようか迷ってる企業があればそこの評判をこの2つのサイトで確認し、ぜひ判断材料の1つにしてほしいです!

 

1サイトよりも2サイト使う方が、やはり情報の正確さは上がると思います。

 

ちなみに関西電力の場合だと、総合評価はキャリコネ「3.2/5.0」、転職会議「4.4/5.0」なので、平均すると「3.8/5.0」という結構なスコアとなります。

 

それゆえ関西電力は世間のイメージ通り、かなりホワイトな企業だとの予想を立てられます。

 

しかし、クチコミを信じすぎるのはダメ!

大手クチコミサイトの情報は、会社の判断材料の1つとしてそれなりに役立つと個人的には思いますが、クチコミを見る際に注意してほしいことが1つだけあります。

 

それは"クチコミは比較的ネガティブな内容に偏りやすい"ということです!

 

 

なぜならクチコミの書き手は、自分の勤めてる会社に何かしらの不満を感じてる層が多数派だからです。

 

また、本来ならそれほど悪くない会社であっても、何か1つ気に入らないことがあればすぐに「ブラックだ!」と言いいがちな社会なのも、ネガティブさの押し上げ要因になっていると思います。

 

 

一方、自社に誇りを持ってたり働き甲斐があると感じてる人は、そもその転職しないので、キャリコネや転職会議にあまり書き込みません。

 

そのためクチコミの評判は、その会社の実情を1ランク下げたぐらいの評価に収まりやすいのです!

 

 

それにクチコミは主観の情報がメインなので、ある会社をある人は"低評価"としても、別の人にとっては"高評価"だと感じる場合も多々あります。

 

なのでクチコミの情報はあくまで参考程度に留めるべきであり、面接や社内見学での様子から実際の評価を下していくべきだとにーちゃんは思います!

 

『転職に役立つサービス』

スポンサーリンク


ページトップに戻る↑