転職エージェントを徹底的に比較したサイトです!

求人サイトについて

転職エージェントを利用すると、担当のCA (キャリア・アドバイザー) から転職支援を無料で受けられるので、転職にーちゃんは転職エージェントの存在は"天からの贈り物"ぐらいの気持ちを持っています!笑

 

しかしエージェントを利用すると自分と求人企業の間にCAが絡むことになるので、人によっては面倒くさいと感じるケースも当然あるわけです。

 

 

それに仕事なんて求人サイトで簡単に検索・応募ができるので、別に転職エージェントを活用しなくても次の働き口は見つけられるのです。

 

そこでこのページでは、求人サイトを活用する長所と短所に触れつつ、最後に転職エージェントと求人サイトに対するにーちゃんなりの結論を書いています。

 

(求人サイトに興味のない人は、次のページである公開求人と非公開求人についてへ進んで下さい)

 

スポンサーリンク

 

転職エージェントと求人サイトの特徴

"転職エージェント"と"求人サイト"をほぼ同義語だと思ってる人がにーちゃんの周りには多いんですが、この両サービスの仕組みはまったく異なります。

 

まず転職エージェントの最大の特徴は、

  • 掲載求人の大半は非公開であること
  • 転職希望者の転職をサポートするCA制を採用していること

の2点となります。

 

つまり応募可能な求人に制限がかかる反面、面接の約束や給与交渉などの手間をCA (キャリア・アドバイザー) に代行してもらえるのが、ざっくりとした転職エージェントの性格となります。

 

(ちなみにCAはキャリア・コンサルタントやキャリア・カウンセラーとも呼ばれます)

 

 

一方、求人サイトの最大の特徴は、

  • 掲載求人はすべてアクセスが可能
  • 転職や就職に関する一切の作業は、求人サイトの利用者が自力で行なうこと

の2点となります。

 

つまりガツガツ求人に応募が可能な反面、面接日の調整や待遇交渉などで企業と円滑にコミュニケートする能力が必要となるのが、求人サイトのおおまかな性格となります。

 

求人サイトのメリット・デメリット

まず求人サイトのメリットとしては、

  1. 気に入った求人に片っ端から応募ができる
  2. 面接の予定をすべて自分で決められる
  3. 未経験業種にもトライできる
  4. 転職エージェント経由で面接を受けるよりも、若干採用されやすい

などが挙げられます。

 

 

そしてこれらのメリットのほぼすべては、転職エージェントからは得られない内容となります。

 

なぜ得られないかというと、先ほど書いた転職エージェントの特徴を考えれば、まず1と2は対象外となるのは明らかです。

 

また、転職エージェントは転職希望者がどこかの企業に就職することで報酬を得る仕組みなので、転職実現の見込みが低い未経験業種の求人はあまり薦めてきません。

 

なので3も対象外となります。

 

 

それと企業が転職エージェント経由の人材を採用すると、その人の年収の30〜35%をエージェントに支払う必要があるので、企業は余分な人件費の負担を強いられます。

 

一方、求人サイトの人材だと人件費は年収だけで済むので、もし能力が同程度なら求人サイトから応募してきた人を企業は採用したいのです。

 

したがって4も対象外となります。

 

 

続いては求人サイトのデメリットについてです。

  1. お宝求人が掲載されてる可能性がかなり低い
  2. 応募資格・待遇・業務内容など、形式的な情報しか掲載されてない
  3. CA制ではないので、転職全般に関するプロ視点のアドバイスを受けられない
  4. 選考結果のフィードバックがない
  5. 履歴書・職務経歴書の使い回しができない

 

これらのデメリットは上から順に威力が大きく、逆に転職エージェントの利用者だとこれらのデメリットをすべて解決する手段が取られています。

 

転職エージェント 求人サイト
求人に片っ端から応募できるか? ×
面接の予定を自分で決められるか? ×
未経験業種にトライできるか? ×
優良求人に出会える可能性が高いか? ×
求人に関するリアルな情報を入手できるか? ×
CAからのアドバイスはあるか? ×
履歴書・職務経歴書の使い回しは可能か? ×
選考結果のフィードバックはあるか? ×

 

つまり転職エージェントのメリットを授かれないこと自体が、求人サイトの根本的なデメリットなのです!

 

どちらのサービスを活用すべきか?

転職エージェントも求人サイトも一長一短なので、客観的に優劣を付けることはできません。

 

しかし転職市場に対する自分の理解度や自分の性格を考えると、どちらのサービスを活用すべきかが見えてきます。

 

例えば、

 

「現在自分は○○の分野で5年経験があるけど、この経験を欲してる企業はあるのか?」

 

とか、

 

「募集要項に○○の分野で5年以上の経験者を求む、年収は400万円と書いてあるけど、この年収は相場と合っているの?」

 

など、転職市場に対して明らかに知識不足の場合は、その道のプロである転職エージェントを利用するのが良いと思います。

 

 

あるいは転職活動での不安や悩み (そもそも転職すべきなのか?とか、年齢的に転職は厳しくないだろうか?など) を誰かに相談したいという人も、明らかに転職エージェント向きだと言えます。

 

なぜなら転職エージェントのCAは求人企業の知識量もさることならが、こういった不安や悩みを日々解消する言わばカウンセラーのような存在でもあるからです!

 

なのでもし転職活動でストレスを感じるようなら、やはりその解決法を熟知したプロに相談するのが1番だとにーちゃんは思います。

 

 

一方、自分の経歴を欲してる企業を知っている、その経歴で得られる年収の相場も熟知しているとか、1人でガツガツ転職活動を行なえるという人は、求人サイトの方を利用すべきだと思います。

 

 

しかし求人サイトの情報よりも転職のプロであるCAの情報の方が質・量ともに上ですし、CAに相談することで相場以上の年収を出してくれる企業が見つかるかもしれません。

 

なので単独で次の働き口を探す人は、サブ的に転職エージェントを使うことをおすすめします。

 

 

少々長くなりましたが、にーちゃんの結論としては、

  1. 基本的には転職エージェントを中心に求人を探すべき!
  2. ただし、何でも1人でこなせるという人に関しては、求人サイトと転職エージェントを併用するのがベスト!

となります。

 

転職エージェントと求人サイトの違いは分かったと思うので、次は転職エージェントが扱っている求人の種類 (公開・非公開) について書いていきます。

 

【⇒ 公開求人と非公開求人について】

 

スポンサーリンク


ページトップに戻る↑