転職エージェントを徹底的に比較したサイトです!

公開求人と非公開求人について

転職エージェントの大半は、自社で扱ってる求人の8〜9割を非公開とし、残り1〜2割だけを一般 (ネット) 公開しています。

 

そして非公開となっている求人に関しては、その求人を出してる企業に採用される可能性がそれなりにあると転職エージェント側が判断した人物に限り、その求人が公開される仕組みを採っています。

 

なので非公開求人は公開求人と比べ、なんだか特別なオーラをまとった情報な気がしたり、あるいはその情報を紹介された人は、自分のこれまでのキャリアが優れたものであると客観的に証明されたような感覚に陥ったりすると思います。

 

 

たしかにそれはそれで間違いではないんですが、実は転職エージェントや求人企業側の事情により、あえて非公開にしているケースもあるのです!

 

ここではその"大人の事情"について書いてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

公開求人は掲載型報酬、非公開求人は成功型報酬

まず大人の事情の1つは、転職エージェントが顧客企業から紹介料をもらう条件 (掲載または人材供給) により、求人を公開 or 非公開に分けているというものです。

 

つまりエージェントのサイトに求人を載せた時点で紹介料が発生するものは一般公開し、人材を企業に供給できて初めて紹介料が発生するタイプのものは非公開扱いするということです。

 

 

なので掲載の時点でお金がもらえる求人を一般公開するのは誰でも分かる理屈だと思います。

 

しかし成功報酬型 (人材供給型) の求人を非公開とする理由となると、少し分かりにくくないですか?

 

実はこの理由はいたって単純で、もし成功報酬型の求人を一般公開すると、その求人の存在を知った転職希望者はエージェントを経由せず、普通の求人サイトや電話などで直接応募するおそれがあるからです!

 

そもそも転職希望者の目的は"転職の成功"なので、エージェントの経由は別にどうでもいい話です。

 

しかしエージェントの目的は"顧客企業から紹介料を得ること"なので、自社経由での応募でないと困るのです。

 

しかも紹介料の金額は圧倒的に成功報酬型の方が高く、エージェントの収入源の根幹を担うものでもあるので、尚更困るというわけです!

 

 

ちなみに成功型の紹介料なんですが、具体的には雇用年収の30〜35%が一般的な相場となります。

 

ということは、例えば転職先から年収700万円を勝ち取れた場合、エージェントは210万円〜245万円もの大金を紹介先企業から徴収できるということになります!

 

だから転職エージェントは、より高年収な企業への入社を後押しするのです。

 

さらにエージェントは、エージェント利用者が自社に高額の利益をもたらす可能性があるということで、自社への登録料を無料にしているのです。

 

採用活動自体を社内秘にするため

2つめの事情は、主要ポジションの交替人員の募集自体を一般社員に伏せるために非公開化するというものです。

 

一般社員の募集だと知られてもまったく問題ないのですが、主要ポジション人員の募集となると話は別です。

 

 

なぜなら主要ポジションの現職者は自社の重要プロジェクトの中心人物であるケースが多いので、

 

「中心人物の変更=プロジェクトの進行具合は良くないのか?」

 

と、一般の社員たちが推測する可能性があり、更には

 

「自分たちの会社の先行きは暗いんじゃないのか?」

 

との不安に駆られ、最悪会社全体の業務に支障をきたすおそれがあるからです!

 

 

たかが人を1人雇うだけで大袈裟な!と思うかもしれませんが、特に大規模プロジェクトの場合は、計画実行中に中心者を変更することって進行不良のとき以外はあまり見られません。

 

なので、

 

「主要ポジションの募集 ⇒ 中心者の変更 ⇒ 計画は順調でない!?」

 

という流れで、一抹の不安を覚えてしまう社員も出てくるのです。

 

 

もちろんプロジェクトの不振など関係なく、単純に優秀な応募者だけを抽出するために非公開にしているケースも多々あります。

 

特に人気の求人となると応募倍率は1,000倍超となることもザラですし、面接の手間や採用コストも凄まじいので、このようなケースではほぼ確実に非公開化されます。

 

ですが求人の非公開の裏側には、紹介料でガッツリ儲けるという転職エージェント側の思惑や、人事のことで社内を乱したくないという企業側の要望も潜んでいるのです。

 

続いて次のページでは、転職エージェントに登録を断られる人の特徴について触れています。

 

【⇒ 登録を断られる場合もある!】

 

スポンサーリンク


ページトップに戻る↑