転職エージェントを徹底的に比較したサイトです!

応募・面接を繰り返すうちに自分の価値が分かる!

転職活動を始めて日が浅いとか、面接を受けた企業数がまだ少ない場合は、「自分が気に入った会社に遠慮なく応募しよう!」と1つ前のページで書きました。

 

しかし気にいった会社に片っ端から応募したけど、書類選考ですべて落とされた!とか、面接までは進めるけどまったく内定が出ない!という状況に陥る人は多いと思います。

 

 

なぜなら誰かが気にいった会社というのは、待遇/ 業務内容/ 労働環境などが良いケースが多いので必然的に応募が殺到し、選考の倍率も高くなりがちだからです。

 

なのでそのような優良会社に何社も応募し、面接を受けたけど内定を得るのに苦戦してる人は、自分の市場価値が優良企業の求める水準に達していないことを理解し、応募企業のランクを下げていかざる負えません!

 

 

本命企業からの総スカンは辛いですが、自分の価値がそのレベルでないことが分かっただけでも前進ですし、それにランクを下げるといっても、別にブラック企業は候補に入れなくていいので安心して下さい。

 

ここで転職にーちゃんがおすすめするランクの落し方は、5社を1セットと考え、本命より1ランク下がる会社を3社、2ランク下がる会社を2社受けていくという方法です。

 

 

この方法の優れているところは、なるべく本命に近い会社に搾りつつ、内定を得るまでに要する時間にも気を配れることです!

 

本命がダメでも1ランク下で内定を取れれば、それに越したことはないですし、比較的内定を得やすい2ランク下を候補に混ぜておくことで、もし1ランク下が全滅しても、2ランク下の内定により"転職活動にピリオドを打つ"という選択肢を残せるのです。

 

 

逆に2ランク下でも全滅するようなら、さらに1ランク落ちる会社を混ぜ、代わりに1ランク下 (本命の次) を候補から外します。

 

このような流れで会社選びを行なうと、比較的短い期間で本命い近いイメージの会社に入れるのです。

 

もちろん応募先のレベルが下がるごとに本命とは距離が開きますが、これは自分の市場価値の低さが原因なので仕方ありません。

 

 

なので少しでも上位の企業で働きたい場合は、現状入れる中で最もランクの高い企業で実績を積み、数年後に再トライするしか方法はありません!

 

そもそも第一希望や上位企業で働けてる人の大半は、新卒時に何百倍レベルの倍率を潜り抜けた高ポテンシャルの持ち主とか、1社目が不満だったのでそこで奮起し、十分な実績を積んだ後、転職した人たちです!

 

なので厳しいようですが、市場価値の低い人が上位企業から内定を得るのに少し時間がかかるのは避けられないのです。

 

 

しかし最も厳しいのは、零細企業からすらも内定を得られない、そもそも書類選考すら通過しない人たちです。

 

このような人たちは一般的な転職活動では間に合わないので、もし該当する人は次のページを参考にして下さい。

 

にーちゃんの知ってる"最終手段"について書いています。

 

【⇒ 不採用率が100%なら、、、に続く】

スポンサーリンク


ページトップに戻る↑