転職エージェントを徹底的に比較したサイトです!

資格は転職に有利か?

資格の取得と転職成功率の向上に関連はあるのか?という話題は、常に結論が分かれると思います。

 

資格を取っても成功率は変わらない!と主張する書籍もあれば、ある程度効果がある!との見解を示す書籍もあるので、結局どちらの意見を参考にすべきなのか迷ってる転職者も多いと思います。

 

 

そしてこの問いかけに対し転職にーちゃんは、

 

「資格自体が成功率を大きく上げることはないけど、転職希望の業界に関する資格取得を目指す姿勢は面接時に多少の評価を得る

 

という持論を持っています。

 

スポンサーリンク

 

資格取得を目指す姿勢が評価される理由

転職者は過去の業務で身に付けた経験や実績により、採用・不採用の大半が決まるのは動かしがたい事実です。

 

ですが資格取得のために既に具体的な行動 (スクールや参考書での勉強など) を取ってる場合、「この人は積極的に学び取る意欲があるので、業務にも全力で励んでくれそう」と採用担当者に思ってもらえることがあるので、たとえ即戦力重視の転職面接であっても資格取得を目指す価値はあるのです。

 

 

もちろん業務とまったく無関係の資格をアピールしてもダメですが、業務にダイレクトに関連するものならある程度の効果は発揮します。

 

例えば経理に対する簿記がその好例です。

 

近年は経理ソフトを導入してる企業が多く、簿記の知識が乏しくても経理業務を行なえるようになってきたため、簿記の資格を問わない経理職の求人も多数あったりします。

 

ですが簿記の知識を有しない人だと、突発的なアクシデント等で経理ソフトを使えない際は業務を行なえないですし、何より"簿記"という業務に直結する勉強を怠る姿勢自体が確実にマイナスイメージとして採用担当者の脳裏に残ります。

 

なので転職希望の業務に直結する資格があり、さらに時間に余裕があるのなら、資格の取得は大いにありだと思います!

 

業務に関連する資格でも、しょぼい資格なら履歴書に書かない方が無難!

では業務に関連する資格はなるべく取っておいた方が良いのか?と言われると、決してそうではありません。

 

特にクリエイティブ職の評価基準は完全に技術・実績なので、資格が入り込む余地はないですし、履歴書に載せると面接時に思わぬ形でマイナス評価を受ける資格すらもあったりします。

 

 

思わぬ形のマイナス評価の例として、以前にーちゃんが通っていたWEB製作の職業訓練校で知り合ったN君の話を挙げておきます。

 

その職業訓練のカリキュラム終盤にWEBクリエイター能力認定試験というものを任意で受験できるようになってたので、N君は受験し、見事合格しました。

 

そして試験の合格実績と作品1つ (WEBサイト) を引っさげ、WEBデザイナー職の面接に行ったのですが、残念ながら不採用となりました。

 

 

N君が思う不採用の理由は、面接官に、

 

「WEBデザイナーはあくまで過去の製作実績や作品が判断基準やから、わけの分からん資格は履歴書に書くな!」

 

と軽く説教され、N君に対する印象が悪くなったからとのことでした。

 

 

N君の場合はかなり運が悪く、そもそも履歴書に関連資格を書くことでマイナス評価を受けることは稀なケースだと思いますが、簡単に取れるチャチな資格だったらむしろ書かないほうが良いと思います。

 

(ちなみにWEBクリエイター能力認定試験は、2週間もあれば初心者の人でも取得が可能です。笑)

 

スポンサーリンク


ページトップに戻る↑